世界中のシンママの味方

シンママの息子

お金

【シングルマザーの平均貯金額は?】お金を貯めるコツを徹底解説!

投稿日:

シングルマザーの平均年収・養育費って?

シングルマザーになると夫の収入を頼りにできなくなるため生活に困ると言われています。果たして、シングルマザーの平均年収とはどれくらいなのでしょうか。シングルマザーといってもそうなった理由は様々です。例えば、離婚が一番多いかもしれませんがその他に死別や未婚のままなどが考えられるのです。人によっては、年収が100万円未満という人もいます。しかも、全体の半分以上が未婚のシングルマザーであるという調査結果も出ているのです。その一方で、年収400万円以上という人も中にはいますがこれは全体の10パーセントにも満たないくらいの数です。このような人は、子どもを保育園や自分の親に預けて男性のように一日中しっかりと働いて、帰宅後に子どもの面倒を見るというケースで見られます。このようにして働いて生活を支えている女性がいる一方で、離婚した元旦那から養育費を受け取って生活をしているという人もいます。これは双方が私的に渡すか渡さないかを決めるのではなく、離婚協議や裁判を通じて決定する必要があるのです。養育費を渡すという決定がなされた場合、養育費算定表という指標に基づいて金額が決められます。その指標によると、一般的には毎月2万円から5万円が相場だとも言われますが支払う人の年収によっては多くて毎月10万円というケースも見られます。しかし、シングルマザーの8割が振り込みをしてもらえていないという現状があることにも注目すべきです。

シングルマザーの貯金額の状況

自分で働いてお金を稼ぐにしろ、養育費を毎月振り込んでもらうにしろ貯金をしっかりとしていなくては子どもが大学に入るというような場合には、金銭に困り大学への道を断念せざるを得なくなってしまうかもしれません。では、シングルマザーはどれくらいの金額を貯金しているのでしょうか。両親がいる子持ち家庭に比べると、母子家庭では貯蓄がないという人は全体の30パーセントにものぼります。その一方で、3,000万円以上の貯蓄があるシングルマザーも少なからずいます。両親がいる子持ち家庭では、貯蓄がないという世帯は10パーセントにも満たないため、一概には言えませんがシングルマザーの人は夫のいる家庭に比べると貯蓄がしにくいという事が窺えます。頼れるのは自分が稼ぐお金や毎月振り込まれるお金だけという家庭が多く、子どもにかかる費用で貯蓄ができないという場合が多いのです。1,000万円いじょうの貯蓄があるシングルマザーは、上述の通り子どもを預けてバリバリ働いているという事例が多いため、正社員として働けば様々な福利厚生を受けられますしボーナスも満額支給されるなど貯蓄できるほどの余裕が生まれると言えます。貯金をするために工夫をしている女性もいます。例えば、家計簿を付けて毎月の収入や支出を管理したり学資保険や積立を行うなどです。少額ではありますがコツコツと貯めることによって、子どもが大きくなる頃には馬鹿にできない額を貯められたという人も少なくありません。

母子家庭に役立つ手当・助成金を徹底解説

母子家庭では澄んでいる地域や国などから支給される手当や助成金がとても大きな存在となります。生活の負担を軽減させることにもつながりますので、申請をしていない人は忘れずに行う必要があります。せっかく支給される対象であるにも関わらず、知らないからこれまで支給されていなかったというような事態は避けなければなりません。国や自治体からもらえる手当てにはどのようなものがあるのでしょうか。まず、児童手当です。子どもが3歳未満であれば毎月15,000円で中学生であれば10,000円支給されます。受給者の所得によっては減額されてしまうこともありますが、それでも支給されることでとても役に立つのです。また、児童扶養手当もあります。児童手当はシングルマザーのみならず子どものいる世帯は受け取ることができるのに対して、児童扶養手当はひとり親家庭を支給対象としているところに特徴があります。子どもが世帯に一人いると毎月42,500円から10,030円の範囲でもらえます。子どもが一人増えるごとに支給額も追加されていきますので、生活の負担を大きく減らすことができる制度でもあるのです。さらに、特別児童扶養手当というものもあります。これは、18歳までの子どもを扶養するひとり親家庭に支給される手当です。所得制限があるものの、毎月13,500円受け取れます。このように見てみると、母子家庭が受け取れる手当てや助成金は数多くあり、その金額も合計するとかなり生活に役立つと言えます。}

子供の教育費は一体いくら?【小学校~大学進学まで】

"子供が生まれたご家庭では、ある程度子供の教育費にかかる金額をトータルで把握しておくことが必要といわれています。公立の学校に通うか、私立の学校に通うかによって金額は大きく異なってくることを知っておきましょう。
例えば幼稚園に入る場合は幼稚園月謝と呼ばれるお金がかかり、年間でかかる金額は私立幼稚園の場合は月約4万円で48万70,00円となりますし、公立なら月1万円で23万円と私立の半分以下の金額です。ただ現状公立の幼稚園は数が少なく約82.7%のご家庭では子供を私立の幼稚園に通わせている実情があります。
小学校の場合は公立の学校に通うことが一般的で、私立に通う子供は全体の約1.2%となります。公立小学校の教育費は月8,000円で年間9万7,000円ですが、私立の小学校は年間86万3,000円ほどかかるといわれています。
中学校は公立なら年間16万8,000円で、私立は年間100万1,000円、高校は公立なら年間23万1,000円で私立なら72万2,000円となります。高校になると所得制限によって国から就学支援金を得ることも可能です。養育費で本格的にお金がかかってくるのが大学に入ってからで、私立の文系なら4年間で385万5000円、理系なら4年間で518万6,000円と大幅に高くなります。医歯系なら6年間通うことになるので2,281万にのぼります。
この結果から幼稚園から大学まで全て公立なら合計は約746万円、全て私立の場合は2063万4,000円です。"

シングルマザーがお金を貯める5つのコツ

"シングルマザーとして子供を育てていくのは、経済的な面でも苦労が多いというイメージがありますが、子供と生きていくためには仕事も大切ですし、子供との時間も持ちたいと考えている方は少なくないので、計画的に貯金を行っていくことができればシングルマザーでも問題なくお金を貯めることは可能です。
一般的に貯金ができるシングルマザーの共通点として挙げられるのが、具体的に貯める金額を決めていることや貯金が貯める仕組みを作っていること、すぐ行動するだけではなく、わからないことは確認しながら実践することです。他にも今ある貯金や保険を確認することや、自分の夢のための貯金額もきちんと貯めるといった5つのコツが重要になります。
一人で子供を育てて行く上で重要になるのが子供の教育費用です。ご家庭によって様々な貯金の目標がありますが、その中でも特に重要なのが教育費なので、小学校から大学までの金額をある程度把握しておくと、計画的に貯金を行える目安にすることが可能です。幼稚園から大学までの教育機関には公立と私立の2つに分けられ、大学になると私立理系にも分かれていきます。住んでいる地域によって金額は異なりますが、就学援助を活用することや、公立の学校に通うことで教育費は大きく抑えることができるといわれています。
貯金をするために行える方法は数多くありますが、貯金額を増やすためには支出を減らし収入を増やすことや、利率のいいところに貯金をシフトしたり、給付型奨学金をもらうことも重要です。"

シングルマザーが子供2人を育てるシミュレーション

"シングルマザーのご家庭は平均1~2人の子供をしっかり育てていくためのシミュレーションとして、目安として貯金2000万円を目指すことが重要といわれています。生活費をしっかり稼ぐためにはフルタイムの仕事を入れる必要があり、生活費以外にも子供の将来の教育費の貯蓄をきちんと行うことが必要不可欠となります。現在日本には子供を一人養育している母子家庭に対して、年所得が87万円ない場合にのみ児童扶養手当が全額受け取ることが可能です。この制度は年所得230万円未満のひとり親の場合も、満額ではありませんが一部負担金としてお金をもらうことが可能なので、上手く活用することで生活費や教育費にあてることも十分に可能です。
ただ国からの援助も大きく生活費をカバーしてもらうことは不可能なので、やはりひとり親でも十分に子供を育てていくためには資格を取得して仕事をしていく必要があります。一定収入以下の母子家庭のシングルマザーには、資格を取るためにかかる費用を国が援助してくれる場合があり、自立支援教育訓練給付金や高等職業訓練終了支援給付金などの制度を活用することで、資格を取得することで収入の安定した仕事に就くことができるようになります。
また最近ではネットビジネスを始める女性も増えており、在宅勤務なので子供を違う場所に預ける必要がなくなり、仕事は自分の家で自分のペースで行うことができるので、子供も比較的育てやすくなるといわれています。ただ全ての人が在宅で仕事が行えるわけではないため、多くは実家を頼り、子供と実家の父母を一緒に生活をすることで生活費を抑えて貯金を行うシングルマザーの家庭が増えているのです。"

-お金

Copyright© シンママの息子 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.