世界中のシンママの味方

シンママの息子

no image

心理

『離婚後、寂しい…』孤独感の正体とは?

2019/11/17

離婚後は"孤独"を感じてしまう 皆に祝福されての結婚、でもどうしても全く異なる環境で育ってきた他人同士が一緒に暮らし始めるがゆえの衝突が起きてしまうことも無いわけではありません。特に最近は妻も仕事を持ちある程度の額を稼いでいるがゆえに、離婚という最悪の結果になってしまうケースも多いのです。パワハラ夫に、かわいそうな思いをさせたくないと子供がある程度の年齢になったのを機に別れることもあります。逆に日々の積み重ねで我慢できなくなって妻が夫を見限って熟年離婚ということも、晴れて自由の身となったのですから次の人生 ...

ReadMore

no image

心理

【母子家庭=貧困?】世間のイメージを実体験から解説

2019/11/17

母子家庭の子は"かわいそう"と思う世間 "父親のいない家庭の子どもを見て、多くの人が直感的に抱くのは「かわいそう」という感情です。その根底にはあるのは、両親がそろっているのが当たり前であるという風潮です。実際には片親の世帯は昔ほど少なくありませんが、その風潮は世間に染みついているので、これから先も簡単に払拭されることはないでしょう。 また、母子家庭に憐れみを感じる人は、自分の中で勝手なイメージを作り上げていることが多いです。たとえば、父親に遊んでもらえないせいで、暗い子どもになってしまうと考える人は珍しく ...

ReadMore

no image

子育て

【仕事と子育ての両立はしんどい】両立するための10つのコツ

2019/11/17

仕事と子育ての両立、しんどすぎ! "仕事と子育ての両立、これは父親でも母親でも大変です。 一方は生活を支えるために必要で、一方は命を育まなくてはならないため、手抜きなど許されませんがそのスケジュールは過酷の一言に尽きます。 例えば子供が保育園に預けられる年頃で、預ける事が可能だった場合、起床時間は午前5時から午前6時が理想的です。お弁当作りもさることながら朝食の支度や自身の身支度、洗濯など家事の一通りをこなさなくてはならないからとなります。 そして午前7時に家族を起こし、朝食を済ませたら午前8時30分あた ...

ReadMore

no image

お金

【学費】中学校3年間でかかるお金はいくら?

2019/11/17

中学校の教育費はいくらかかる? "中学校の教育費は、部活動費や給食費などがかかります。部活動はどの部活に入るかで大きく異なりますが、野球やサッカーなどは遠征費などがかかる場合には金額がかさむことが多いです。又、給食費は自治体によっても異なりますが一食当たり100円台から200円台かかるのが一般的となります。 部活動は強制ではない場合には入らないこともできますが、給食は全員が食べる物ですので支払わないわけにはいきません。中には支払いが厳しくて滞納している過程も見られますが、配膳しないわけにはいきませんのでそ ...

ReadMore

no image

法律

離婚後に扶養控除はどうなる?子供がいる時の扶養手続き

2019/11/17

扶養控除とは? "扶養控除とは、旦那さんが例えば公務員さんであったり会社に勤務されているなどの場合、配偶者である奥さんが受けることが出来る制度です。これは奥さんが手取りなどの収入がきわめて少なく、例えば年間に稼ぐお金が50万円以下などの場合には、旦那さんの会社で扶養の手続きとして、健康保険などのお金を養ってくれるという制度であります。ただし、配偶者の奥さんの年収が例えば300万円などの額であり、または奥さんも共働きでしっかりと勤務をされている場合などには、扶養控除とはなりません。それは奥さんの方の会社で、 ...

ReadMore

no image

お金

【毎月3万円が貯まる】誰でも簡単に節約できる方法厳選21選

2019/11/17

今の生活コストを考えよう "現在収入が20万円、家賃が8万円で生活費が12万円、これではお金を貯めようとしても無理があります。収入を増すことができないのであれば、支出を減らすしかない、家賃が8万円ならもう少し安い部屋を探して出て行くお金を減らすなどの見直しが必要です。但し、注意をしなければならないことは部屋を変えることで引越しが生じる、この引越しもお金が掛かるわけですから簡単に安い部屋への引越しは難しい課題になると言っても良いでしょう。 では、お金を少しでも貯めるためには何をすべきなのか、それは現在の生活 ...

ReadMore

no image

子育て

50%が体験する育児ノイローゼの実態と今すぐできる対策

2019/11/16

多くの人が経験し共感する、育児ノイローゼの実態 "毎日時間に追われ、その中で子どもとの意思疎通もあまりうまくいかず、こちらの言うことを聞いてくれないことが続くと、子どもが相手であってもついつい怒ってばかりになってしまう、というお母さんも多いかもしれません。もちろん、子どもがいう事を聞かないときや、間違ったことをしていたら叱って言い聞かせることは親としてはとてもたいせつなことです。しかし、叱るのではなく怒ったり怒鳴ったりすることが続いてしまったら、イライラがかなりたまっている証拠といえるでしょう。 しかし実 ...

ReadMore

no image

法律

【離婚後の戸籍はどうなる?】本籍の変更方法を徹底解説!

2019/11/16

離婚した際の戸籍について 夫婦は結婚している間は同じ戸籍になっていますが、離婚にいたった場合は戸籍がどうなるのかも気になるところです。まず、離婚した場合は基本的に元の戸籍に戻ることになります。とはいえ、戸籍の筆頭者はそのままで身分事項欄に離婚した事実が記載されます。夫が筆頭者であれば、夫はそのままに、妻は元の籍に戻ることになります。もといた戸籍の人がすでに全員死亡しているなどで、除籍されている場合や婚姻時の姓を継続して使いたいという場合は、元の籍に戻ることはできません。この場合は新たな戸籍を作ることになり ...

ReadMore

no image

お金

【学費】小学校6年間でかかるお金はいくら?

2019/11/16

小学校の教育費はいくらかかる? "小学校の学費には地域差があり学年毎ごとに教育費も増えていくと言われていて、文部科学省が調査した調査によると、公立だと1人あたりかかる費用は年間で約32万円(月額換算約2.7万円)かかります。2人いると月々5万円以上は必要です。学年別だと新入学の費用がかかる1学年を別にして、教育費の負担は子どもが成長するほど多くなり、学習塾費が増えてくる高学年では高く、公立の小学6年では年間約38万円(月額だと約3.1万円)です。 教育費の主な内訳は、学用品と実験実習材料費や生徒会費、通学 ...

ReadMore

no image

法律

【2019年度最新版】高校の学費を補助する制度~大阪編~

2019/11/16

授業料支援制度がしっかりあるんです "経済的な理由で高校や大学などへの就学が困難な者に対して、自身の能力や希望にあわせた学校を選ぶ機会を保障し、卒業まで在籍ができるようにサポートを行う制度は、先進国を中心に世界の様々な国に設けられています。日本における就学支援制度としては、政府(文部科学省)が所管する高等学校等就学支援金制度がよく知られていますが、地方自治体の中にも独自に支援制度を創設してサポートを行っているところがあります。大阪府もそのような自治体の一つで、私立高等学校等授業料支援補助金とよばれる制度の ...

ReadMore

Copyright© シンママの息子 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.